白馬大雪渓遊歩道

全長3.5km、標高差600mの白馬大雪渓は、日本一のスケールを誇ります。 夏でも雪渓の上は、まるで天然の冷蔵庫のように涼しく、暑さを忘れる心地よい涼風が吹き渡ってきます。 登山口の猿倉から大雪渓までの白馬大雪渓遊歩道はキヌガサソウ・サンカヨウ・シラネアオイ・ニリンソウなどの花々や緑豊かなブナやトチの木、雪どけ水の流れる澄んだ沢の水、眼の前にそびえ立つ白馬岳や小蓮華山へと続く稜線が目を楽しませてくれる夏におすすめのトレッキングルート。 猿倉から徒歩約1時間30分で大雪渓に到着します。
※大雪渓ケルンから上部は登山ルートとなるため本格的な登山装備が必要です。

トレッキングルート

トレッキングルート

ルートマップ

白馬大雪渓遊歩道マップ

※大雪渓の取付きの場所は残雪の状態によって変わります。

フォトアルバム

猿倉荘白馬岳・大雪渓への登山口にある猿倉荘

ブナ林
猿倉荘の裏手から林道まで、しばらくブナ林の中を歩きます

猿倉看板林道へ出たところにある猿倉の看板

林道1しばらく林道を歩きます

鑓温泉分岐鑓温泉方面との分岐

長走沢長走沢では木橋を渡ります

林道2雪が残る頃、白馬岳の山肌には代掻き馬の雪形が見えます

林道3
5月下旬新緑と残雪の時期の様子

カモシカエメラルドブルーの沢の流れの脇にカモシカの姿が

御殿場御殿場で林道は終わり、ここから山道へと入ります

登山道御殿場からの登山道

登山道2途中でまた沢を渡ります

登山道3次の沢を渡ると、もうすぐ白馬尻です

白馬尻到着「おつかれさん!ようこそ白馬大雪渓へ」と書かれた岩が見えました

白馬尻
7月中旬の白馬尻。大雪渓の雪もたくさんあります

白馬尻
8月中旬の白馬尻。大雪渓の雪はかなり少なくなっています

白馬尻小屋白馬尻小屋

白馬尻から大雪渓へ

白馬尻から大雪渓の取り付きまで、もうしばらく歩きます

大雪渓ケルン大雪渓ケルン

白馬大雪渓夏の大雪渓は登山者の列が続きます

白馬大雪渓

どこまでも続く雪渓

キヌガサソウキヌガサソウ

サンカヨウサンカヨウ

シラネアオイシラネアオイ

エンレイソウエンレイソウ

ニリンソウニリンソウ

関連リンク

宿泊検索