登山・トレッキングフィールド

〜白馬岳・白馬三山〜

白馬大雪渓

白馬岳は後立山連峰の北部に位置し、白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳の白馬三山が連なる美しい姿は北アルプスを代表する景色となっています。白馬岳はその豊富な高山植物から花の名山としても有名で、夏の登山道には数多くの可憐な花々が咲いています。 高山植物の花は7月中旬から8月中旬が最盛期となり、広大な斜面一面に花が咲き乱れるお花畑の景色は訪れた人を魅了してやみません。 猿倉から白馬岳に向かう登山ルートでは、全長3.5km、標高差600mの日本一のスケールを誇る白馬大雪渓を登っていきます。 真夏でも広大な雪景色が広がる白馬大雪渓ルートは白馬岳登山ルートの中では特に人気が高く、夏山シーズンに大雪渓に続く登山客の列は夏の風物詩の一つとなっています。

〜唐松岳〜

唐松岳

唐松岳は後立山連峰の白馬岳と鹿島槍ヶ岳を結ぶ中間地点に位置します。 八方尾根から登るルートは八方アルペンラインのゴンドラとリフトを乗り継いで標高1831mの八方池山荘まで一気に上ることができ、アプローチが容易で無理なく山頂に立てるため北アルプスの入門の山として多くの人達に親しまれています。 またこの登山コースは豊富な高山植物や素晴らしい眺望(右手に白馬三山、左手には五竜岳・鹿島槍ヶ岳と北アルプスの山岳大パノラマが眺められる)も楽しめます。 山頂からは黒部渓谷越しに剱・立山連峰、そしてダイナミックな山容の五竜岳が圧倒的な迫力で望むことが出来ます。

RECENT POSTS


ピックアップリンク

  • 唐松岳頂上宿舎(外部リンク)
  • 〜五竜岳〜

    白馬大雪渓

    日本百名山の一つでもある五竜岳は、東に遠見尾根を長く伸ばし、その山容は豪快で荒々しい岩稜の山です。 山麓から直接五竜岳へ登るには五竜テレキャビンで山頂駅まで上り、そこから遠見尾根へと向います。テレキャビンの山頂駅からはいろいろな高山植物の花が咲く五竜アルプス山野草園を上り、展望の良い地蔵の頭、そして小遠見山へと尾根を歩いて進みます。小遠見山では八方尾根から唐松岳、五竜岳、爺ヶ岳までの後立山連峰の大パノラマが眺望できます。小遠見山からさらに中遠見山、大遠見山、西遠見山、白岳と歩いた先に五竜山荘があり、山荘から1時間ほどで五竜岳の頂上に到着します。ほかのコースには北の唐松岳、南の鹿島槍ヶ岳からの縦走コースがあります。 小遠見山から西遠見山にかけては、鹿島槍ヶ岳と五竜岳東面の岩峰が大迫力で眺められ、秋には美しい紅葉が見られます。

    〜白馬鑓温泉〜

    白馬大雪渓

    白馬岳は後立山連峰の北部に位置し、白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳の白馬三山が連なる美しい姿は北アルプスを代表する景色となっています。白馬岳はその豊富な高山植物から花の名山としても有名で、夏の登山道には数多くの白馬鑓ヶ岳の中腹、標高2,100mの高所に湧く天然温泉。「山婆の湯」と呼ばれ、昔から登山客や猟師に愛されてきました。本格的な装備で登山しないと入浴ができないのでまさに秘湯にふさわしい温泉でしょう。白馬岳登山道入口の猿倉荘より約6時間。


    ピックアップリンク

  • 白馬鑓温泉山小屋(外部リンク)
  • 〜八方尾根自然研究路〜

    白馬大雪渓

    北アルプス白馬連峰の唐松岳(2,696m)付近の稜線から延びる八方尾根。ゴンドラとリフトを乗り継ぐ八方アルペンラインの終点、八方池山荘から八方池までが定番のトレッキングコースとして親しまれています。このコースは白馬三山や五竜岳といった北アルプスの山々が間近に迫る眺めの素晴らしいコースで、 天気が良い日は、八方尾根自然研究路の目的地、標高2,060mの八方池の水面に白馬連峰の山々が映りとても神秘的な光景に出会えます。夏は高山植物の宝庫としても知られ、7~8月には黒菱平付近にニッコウキスゲ、コバイケイソウ、八方池周辺にはチングルマ、マツムシソウなどたくさんの花々が見かけられます。

    〜小遠見山〜

    白馬大雪渓

    地蔵の頭から標高2,007mの小遠見山頂をめざすコース。白馬五竜高山植物園を上って地蔵の頭へ到着。 眺望360度の地蔵ケルン、さらに約200段の丸太の階段を登り終えると視界が開けて見返りの平、一ノ背髪、二ノ背髪をすぎれば五竜岳をはじめ雄大なアルプスの大景観が味わえる小遠見山頂です。

    RECENT POSTS

    〜ねずこの森〜

    白馬大雪渓

    岩岳山頂にあるトレッキングコース。岩岳山頂は北アルプスの山並みと白馬村の景色、東山の山々の眺望が素晴らしいスポット。華やかなゆりの花を眺めた後は、神秘的で癒される空間のねずこの森を散策しましょう。

     


    ピックアップリンク

  • 白馬岩岳観光協会
  • 〜白馬大雪渓遊歩道〜

    白馬大雪渓

    全長3.5km、標高差600mの白馬大雪渓は、日本一のスケールを誇ります。 夏でも雪渓の上は、まるで天然の冷蔵庫のように涼しく、暑さを忘れる心地よい涼風が吹き渡ってきます。 登山口の猿倉から大雪渓までの白馬大雪渓遊歩道はキヌガサソウ・サンカヨウ・シラネアオイ・ニリンソウなどの花々や緑豊かなブナやトチの木、雪どけ水の流れる澄んだ沢の水、眼の前にそびえ立つ白馬岳や小蓮華山へと続く稜線が目を楽しませてくれる夏におすすめのトレッキングルート。 猿倉から徒歩約1時間30分で大雪渓に到着します。 ※大雪渓ケルンから上部は登山ルートとなるため本格的な登山装備が必要です。


    ピックアップリンク

  • 猿倉荘