<A Day in the Hakuba Life.>  

 

宿のオーナー、スキー場のスタッフ、お土産屋のおじさん、アウトドアガイド、登山案内人、たくさんの子ども達。

 

白馬村へ訪れる人と、白馬村で迎える人。 <A Day in the Hakuba Life.>では、みなさんの1日を輝かせるために白馬村で迎える人のライフスタイルをショートムービーでご紹介。

 

 

VOL.2 前堀 善斗<パラグライダーインストラクター>

〜バック・ニューナンバー〜

VOL.1 福島 のり子

VOL.3 渡邉 剛史

 

※ムービーは最下部にてご覧いただけます

  

 

 

白馬村でパラグライターインストラクターとして活躍する前堀善斗。八方尾根という世界にも引けを取らないフィールドからテイクオフを繰り返し

お客さんの「空を飛びたい」という夢を叶え続ける。 <A Day in the Hakuba Life.> そんな彼の日常をシェアしてみませんか?    

 

 

 

「オフの日もできれば飛びたいですね」と話す彼。朝日を浴びる北アルプスを背に、今日はどんなフライトを見せてくれるのだろうか?

 

 

 

「北アルプスの最北端から稜線をどこまでも南下していきたい」 そんな事を考えながら一歩一歩を進めていく。

イメージを高め、風を読む。こうした環境で研ぎ澄まされた彼の技術は、これまで数多くの人達の 「空を飛んでみたい」 という夢を叶え続けてきた。

 

 

 

「最高の遊び場です!」 と白馬村を紹介してくれた。 そんな言葉を象徴するように、大空のフィールドで上昇気流を捕まえ、高く高く舞い上がっていった。

きっとこれからも、たくさんの人の夢を叶え続け、いつしか北アルプスの稜線を南下し続ける彼の姿を見ることができるだろう。

 

MEMO: 八方尾根パラグライダースクール

 

 

 

 

宿泊検索