大出の吊り橋と茅葺き屋根の家、そして白馬三山が懐かしい田舎風景をを作り出しています。春になると公園内にある桜並木がピンクに色づき、田舎風景を鮮やかに染め、来春の喜びを存分に味わえる風景を作り出します。 

マップ: https://goo.gl/maps/MyQFFUh2M6R2

●主な花の見頃:4月下旬~(開花状況は年によって異なることがありますの 開花情報 

 

 

 


白馬村新田地区にある伝行山の麓に咲き誇る枝垂桜は植樹者の名前から由来し別名「徹然桜」とも呼ばれています。伝行山には秋葉神社と稲荷神社があり、満開の桜との風景は多くの写真家や画家を引き付けてやみません。周辺には新田旅館街の桜並木もあります。

マップ: https://goo.gl/maps/sLmH9ZUGBdT2

●花の見頃:4月下旬~ (開花状況は年によって異なることがありますの 開花情報 

 

 

 

 

 

白馬村飯森地区にある長谷寺は塩の道の名刹として知られ、境内にある枝垂桜が満開になる頃には、多くの写真家が風になびき咲き誇る姿を求め来村する。また、境内には白馬村指定の天然記念物でもあり、樹齢500年を超えた老杉群があり、歴史の風格を漂わせています。

マップ: https://goo.gl/maps/qoLM6f3hY4p
●主な花の見頃:4月下旬~ (開花状況は年によって異なることがありますの 開花情報 

 

 

 

 

樹齢約300年の江戸彼岸桜。八方地区薬師堂の横に咲き誇る勇壮な桜の樹で本種は北安曇地方南部一帯の山野に自生分布する野生の桜の一種です。比較的開花期が早いので人々の心をとらえ、明治以前には日本の桜の主流でした。ソメンヨシノが主流の現在で八方薬師堂の江戸彼岸桜は十分な貫禄を見せています。

マップ: https://goo.gl/maps/b1RepbGqwqx
●花の見頃:4月下旬~ (開花状況は年によって異なることがありますの 開花情報 

 

 

 

 

 

江戸彼岸の枝変わ種で、旧国指定の天然記念物でした。この枝垂桜は寺の歴史を語っており、樹齢は400年以上になりました。江戸彼岸の花としては大きく色も紅色が濃く、見事な名木であります。この桜が満開になる頃が麻を蒔く時期と目されてきたため、古来から「麻蒔糸桜(おまきいとざくら)」の名称を得てきました。

マップ: https://goo.gl/maps/8kx34X8LEzE2
●花の見頃:4月下旬~ (開花状況は年によって異なることがありますの 開花情報 

 

 

宿泊検索